立って歌うのは恥ずかしい…座って歌ってもいい?

歌を歌うときには立って歌う人がいるのと、座って歌う人がいるのと両方いるかと思います。カラオケでみんなといっしょに歌うのであれば、座って歌うという人のほうが多いかもしれません。若い人だったら立って踊りながら歌う人も少なくないでしょう。

ではこの歌うときにはどういう姿勢がいいのか?座ったままで歌ったほうがいいのか、たって歌ったほうがいいのか、どちらのほうが高得点を出しやすいのか?というと、圧倒的にたって歌ったほうがいいとされています。立たなければ高得点を出すのは不可能、といってもいいかもしれません。そのくらい姿勢というのは大事なものです。

ただ単に立っているだけではなく、姿勢もちゃんとして置かなければなりません。姿勢としては胸を大きくみせるような、お腹から声が出るようにする必要があります。横隔膜あたりに力を入れられるような姿勢であれば構いません。猫背だとあまり力を入れられないので、できれば猫背ではなくシャキッとまっすぐ立った方がいいでしょう。

どうしてかといえばこれで立って歌ってみたらわかるのですが、声の出方が全く違うのです。座っている時に比べて立っている時のほうが圧倒的にいい声で、大きな声が出るようになります。声量が上がるというのは重要な事で、声量が大きくなることでカラオケマシーンも評価を高くしてくれるというわけです。

声量が上がるだけではなく、お腹からコントロールできるようになりやすくなるので、その分音程も安定しやすいと言われています。音程をしっかり取るというのは最低限必要なことですから、立ってお腹を安定させることでコントロールするようにしてください。そうすれば安定して高得点を出しやすくなるでしょう。

気をつけるべきこととしては立っていると大きな声が出るようになりますが、その分小さな声や抑えて歌うべきところをも大きく歌ってしまいがちになります。ですので、サビ部分などの大きな声で歌うべきところ以外はしっかりと声量を押さえて歌うようにするということも意識した方がいいでしょう。

自分の歌声をコントロールするためにも、座るよりも立つということが重要です。