アップテンポとスローテンポ、どっちが得点を出しやすい?

曲選びもカラオケの高得点を出そうとするときには重要な項目です。要素として曲選びをするためにはどうしたらいいのか、どういう曲がいいのかということですが、大きく分けるとスローテンポのものとアップテンポのものと2つあるかと思います。この2つのうちどちらを選ぶと高得点が出やすいのでしょうか?

実はちゃんと曲によって違うのです。曲選びをするのであればスローテンポな曲のほうがいい、と言われています。実際に高得点が出ている曲というのを見てみると、ほとんどがスローテンポな曲で昔に作られたようなものが多いdせう。最近作られているアップテンポなビートの曲は逆にあまりランキングの点数が高くなかったりします。

これは理由がちゃんとあって、曲もスローな方が機械として判断をしやすいからです。つまり音符の数というのが違うわけです。スローテンポの曲に比べて、どうしてもアップテンポの曲は激しく音符が移動します。上下に移動する音程を捉えるためには、かなりのテクニックが必要になりますが、その回数がアップテンポな曲ほど多くなるというわけです。

ですからアップテンポな上下しやすい曲を避けて、できるだけスローテンポで上下しないような曲を選ぶようにしましょう。そうすると、かなり曲を捉えやすくなりますので、間違った音程で歌うことも少なくなるでしょう。そうすれば、高得点も狙いやすくなるというわけです。

特に高得点が狙いやすいスローな曲で言えば、童謡がいいと言われています。例えばふるさとという名前の童謡がありますが、これならば結構な点数をたたき出すことができるようです。昔から童謡はたくさん作られていますし、知っているメロディーも多いです。かつ高過ぎるような音程や低すぎるというものもほとんどありませんから、誰でも歌いやすいと思います。

できるだけスローな曲という意味では演歌などもいいでしょう。演歌なども短いもので、かつスローなものというのがありますから、それを選ぶといいでしょう。逆に言えばアップテンポなラップが入っているような最近の曲はかなり難しいと言えます。高得点を狙うならスローテンポな曲に絞ってみてください。