何度も同じ歌を練習してもなかなか上手になりません…

何度も同じ歌を歌っているのに、点数がほとんど変わらない…むしろ点数が下がってきたというようなときにはどうしてなのかと思うでしょう。確かに点数が下がるということもありますが、これは何度も歌うことによって点数が上がると思っていると、そうでもないという錯覚なのです。

つまり普通は練習を積み重ねていけば、カラオケでも得点が上がっていくんではないかと思うかもしれませんが、そうではないのです。実は歌をうまく歌うために必要なことというのは歌うことよりも聞くことのほうが重要だと言われていたりします。何度も何度も聞いた歌ほど口をつくと思いますが、そういう歌のほうが点数が高いのです。

例えばあまり覚えていない、うろ覚えの歌をうたうときにはどうしているでしょうか。うろ覚えの部分については適当に歌ったりするんじゃないでしょうか。適当に歌うようになると、どうして間違った音程で歌ってしまうこともあるし、歌詞も間違ったタイミングでずれてしまったりすることが多くあるのです。

だからこそ歌をうまく歌うためには何度も何度も聞くことが重要、というわけです。何度も何度も歌を聞いておけば、その歌についてはちゃんとしたメロディーというのがわかってきます。どのタイミングでどの歌詞を歌うのか、そしてメロディーも適当ではない部分というのが減ってきて完璧に近づいていくというわけです。

歌手の歌い方と全く同じように歌うというのはあまり点数が伸びないと言われていますが、最初は何度も聞いて真似できるくらいになるのがいいでしょう。その後にはビブラートなどのテクニックを組み入れていくようにすると点数が伸びるようになります。歌手の歌い方にカラオケ的なテクニックを加えるというわけです。そうすれば点数がアップします。

高得点を取るために何度も何度も歌うというのも悪いわけではありませんが、歌を繰り返して聞くということも同じくらい重要なのです。そして先に歌を聞いて正しいメロディーを覚えてしまうほうがいいでしょう。その後に歌ったほうが点数は伸びますし、伸びないなと思ったらもう一度聞く方に戻ってみてください。