どうして精密な最新採点は点数が低くなってしまうの?

最新の採点システムはすごい精密なものになっていて、いろいろなテクニックなどを使う必要がある、というのは当然の常識になっています。加えてたいていかなり低い点数がでて、70点台や80点台を頑張って出せるくらいで、90点台に行くためにはかなりの努力が必要な物も多くあります。

しかしなぜ、採点システムというのはこんなにも点数が出にくくなっているのでしょうか。昔の採点システムとどう変わっているのでしょうか。昔はもっと高得点が出ていたという人も多いですが、これはシステムが変わって厳しく採点するようになったからだと思われます。

例えば採点システムが昔のように簡単なものであり、100点も出やすいものだったらどうでしょうか。今のようにビブラートなどのテクニックや上手に聞かせるための方法というものを、評価できないようになってしまいます。100点を超えることになってしまうので、最初の基準点というのが低くなっていると考えたほうがいいでしょう。

昔は音程しか考えていなかったと言われているのですが、最近では音程もそうです音のタイミングもそうですし、他にもいろいろな部分でできるだけ人間が上手だと聞こえるような歌に対して評価をしていこうとしています。それがこぶしであるとかしゃくりといったようなもので、それらによって音程も変わってくるというわけです。

こぶしやビブラートと言った、人間が上手に聞こえるもの、そして抑揚などについても人間の耳には良いように聞こえるわけで、そういったものを採点しようとすると、どうしても点数の基準が非常に低くなってしまいます。そして低い基準の点数からどれだけ加点をしていけるのか?というような採点方式になっているのです。

ですから昔とは全然違ってきているので、点数が伸びなくなってきているというわけです。基準点というのが低くなっていて加点が難しいとなると、やはり点数は伸びないものです。点数を伸ばすにはプロでも難しいですし、最近の採点システムではまず100点を取ることは不可能になっている、と思ってください。ですから小さい積み重ねで点数を上げていくしかないのです。

どのカラオケメーカーが高得点を出しやすい?

カラオケのメーカーはいくつか存在しますけれども、その中でも点数が出しやすいものと出しにくいものがあります。古い機械ほど出しやすく、逆に新しいものほど点数が出にくくなっているのです。ですから「カラオケの採点で100点を出したことがある!」という人は、たいてい古いカラオケの機会を使って採点をして、100点を出しているでしょう。

古いものほど点数が高くなりがちだというならば、古いカラオケの機械を使ったほうが方がいいのか?というと、そういうもので高得点を出したところであまり意味は無いでしょう。実際にカラオケ好きな人はもっと新しい機械をつかって点数を出したいと言うでしょう。

じゃあどれが点数が出やすくなっているかというと、あまり変わりはなくなってきています。前提としてほぼすべてのメーカーの採点についてはほぼ100点は出ないようになっています。100点を出すためには完璧な歌い方だけではダメなのです。仮にCDを流してそれをマイクで拾ったとしても、100点は出ないと言われています。

100点が出ないので90点台が高得点では当たり前になるかと思いますが、高得点で90点台を出しやすいものというのは精密な採点のないものということになります。ただ、最近はビブラートやこぶしなども採点するものがほとんどになっていますから、どれも変わらないと考えたほうがいいでしょう。メーカーによって一応は採点基準などは違うようですが、高得点が狙いやすいかどうかは別のようです。

高得点を狙うためにはメーカーよりも、そのメーカーにちゃんと自分の狙っている歌が入っているのかどうかや、カラオケボックスの他の音が漏れてこないかなどのほうが大きな要因になるでしょう。またテクニックであるとか自分の歌のうまさなどのほうが高得点に関係してくるので、メーカーによって変える必要はないと思います。

昔は100点も出すのは簡単でしたし、99点程度もよく出るような物がほとんどでした。しかし今の採点機械では90点を超える場合はよほど歌がうまい人でなければ難しくなっていまう。ですのでメーカーよりも自分の実力を上げるほうが重要なのです。

男性が女性の歌を歌って高得点を出せるの?

男性でも声の高い人というのはいるもので、声の高い弾性が女性の歌をうたうことも珍しくなくなってきています。ただ合コンのようなところでは歌いにくいようですね、女性受けがいいわけではないようですから。逆に女性が男性の歌をうたうというのもあまり男性ウケがいいわけではないので、友人同士で歌う時くらいしかやっていない人も多いようです。

女子受け・男子受けという点以外では、例えば男性が女性の歌を歌うというのは点数を上げるためにはいいのかどうか?という点もあります。男性が女性の歌をうたうときにカラオケの機械はどういうふうに捉えるのかですが、基本的に男性だろうが女性だろうがカラオケの機械は判別をしているわけではありません。

男性が女性の歌を歌っても判別できないのですが、音程だけは判別しているので別にそれ自体は問題はありません。女性が逆に男性の歌を歌っても同じです。音程しか機械は判定をしていないのです。だから自分の性別とは違う性別の歌を歌ったところでマイナスに働くということはまずない、と思っていいでしょう。

ただし女性の歌を男性が歌ったり、男性の歌を情勢が歌うとどうしても無理が出てきやすいものです。低い声が出にくかったり高い声が出にくい場合が多いでしょう。その時に無理をして声を出してもカラオケの点数は高くはなりません。高得点を出すためには自分の音域に合わせたものが一番ですから、あえて異性の歌を歌うと点数は伸びない場合が多いでしょう。

その際はオクターブを下げて歌うといいでしょう。1オクターブ下げて歌うことに寄って、男性が女性の歌をうたうときには歌いやすくなります。女性が男性の歌をうたうときには1オクターブ上げて歌うようにしてみてください。そうすればかなり楽に歌うことができるでしょう。このオクターブというのもちゃんと判別できないのがカラオケの採点システムですから。

もしカラオケの中に声を変えるものがあるなら、そのシステムを使うとオクターブを勝手に上げてくれますから、女性っぽく男性が歌ったりすることも逆もまた可能です。カラオケのシステムは使っていないものが多いですが、意外に使えるものも多いので高得点を出すために利用してみてください。

単調な歌よりも抑揚のある歌のほうが得点が上がる?

単調な歌ほどあまり点数が伸びない…と言う人がいます。一般的にはスローテンポであまり抑揚のない曲のほうが点数が出やすい、高得点になりやすいという話がありますが、これに当てはまらない場合がある人も確かにいます。歌がある程度うまくて、音程を取るのも上手で声量もある人にとって見れば、スローな単調な曲はあまり点数が出ない時があるのです。

これはスローな曲で単調な歌ほど歌いやすく、多くの人にとっても歌いやすいのであまり差がつかない様になってしまうからです。だからある程度は高い点数が出せるとしても、それ以上の点数を出そうと思えば、テクニックを使わないといけないのですが、そのテクニックを使う場所がないために点数が伸びないというわけです。

ある程度歌がうまい人にとって見ればできれば抑揚がある歌のほうがいいでしょう。特に抑揚があって最後の音符を伸ばすようなタイプの歌のほうが点数を稼ぎやすいと言えます。最後の音符を伸ばす部分、そして抑揚のある部分でテクニックをつかった歌い方をすることで、加点を稼ぐことができるからです。

一般的にはしゃくりであるとかビブラート、もしくはフォールといったような名前で呼ばれているものです。ビブラートは最後の音が長いほど、長くビブラートを響かせることができますから、加点を多く稼ぎだすことができます。抑揚がある歌であれば、音を上げるときにしゃくりが、音を下げるときにフォールというようなテクニックを使う事ができるでしょう。

ただ、これらのテクニックで加点を稼いでいくというのは、歌のプロであってもかなり大変なことだとされています。ですので素人の人が真似をして簡単にできるものではないでしょう。カラオケで高得点を出すためには最初は単調な歌でスローテンポなものを、そしてその後に更にプロ並みの点数を出したいのであれば、抑揚のある歌に変えていくといいでしょう。

正直なところ、抑揚のある歌をうまく歌ってテクニックをつかって歌えるような人というのはかなり限られている人であるということはわかっておきましょう。無理をしてアップテンポな歌を歌ってもレベルが合わなければ点数を落としてしまうので注意が必要です。