単調な歌よりも抑揚のある歌のほうが得点が上がる?

単調な歌ほどあまり点数が伸びない…と言う人がいます。一般的にはスローテンポであまり抑揚のない曲のほうが点数が出やすい、高得点になりやすいという話がありますが、これに当てはまらない場合がある人も確かにいます。歌がある程度うまくて、音程を取るのも上手で声量もある人にとって見れば、スローな単調な曲はあまり点数が出ない時があるのです。

これはスローな曲で単調な歌ほど歌いやすく、多くの人にとっても歌いやすいのであまり差がつかない様になってしまうからです。だからある程度は高い点数が出せるとしても、それ以上の点数を出そうと思えば、テクニックを使わないといけないのですが、そのテクニックを使う場所がないために点数が伸びないというわけです。

ある程度歌がうまい人にとって見ればできれば抑揚がある歌のほうがいいでしょう。特に抑揚があって最後の音符を伸ばすようなタイプの歌のほうが点数を稼ぎやすいと言えます。最後の音符を伸ばす部分、そして抑揚のある部分でテクニックをつかった歌い方をすることで、加点を稼ぐことができるからです。

一般的にはしゃくりであるとかビブラート、もしくはフォールといったような名前で呼ばれているものです。ビブラートは最後の音が長いほど、長くビブラートを響かせることができますから、加点を多く稼ぎだすことができます。抑揚がある歌であれば、音を上げるときにしゃくりが、音を下げるときにフォールというようなテクニックを使う事ができるでしょう。

ただ、これらのテクニックで加点を稼いでいくというのは、歌のプロであってもかなり大変なことだとされています。ですので素人の人が真似をして簡単にできるものではないでしょう。カラオケで高得点を出すためには最初は単調な歌でスローテンポなものを、そしてその後に更にプロ並みの点数を出したいのであれば、抑揚のある歌に変えていくといいでしょう。

正直なところ、抑揚のある歌をうまく歌ってテクニックをつかって歌えるような人というのはかなり限られている人であるということはわかっておきましょう。無理をしてアップテンポな歌を歌ってもレベルが合わなければ点数を落としてしまうので注意が必要です。