マイクの持ち方一つで全く得点が変わる!

この章ではほんとうに簡単に、そして歌がうまい人でも下手な人でも関係なく絶対に点数が伸びるちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。皆さんはマイクというのはどういうふうに持っているでしょうか。普通はマイクは片手でギュッと握りしめてたて型荷物人が多いんじゃないでしょうか。

これ自体悪くはないのですが、もっと点数を上げたいのであれば、カラオケでは横向きにマイクを持つようにしましょう。つまりマイクの頭が自分の口の方向を向いていて、水平にするというわけです。マイクのおしりの部分が下ではなく目線と同じ方向を向いているような持ち方です。これが実は点数を上げるための裏ワザでもあるのです。

なぜ水平に、横にしてマイクを保つ必要があるのか?ですが、これはそうすることによって声が入りやすくなるからです。カラオケのマイクはそこまで広範囲の音を拾うわけではありませんが、それなりに広範囲の音を拾います。ですからマイクを離して歌ったところで声もそれなりに入るのです。

しかしマイクを離して歌ってしまうと他の音が入ってしまいます。そこでできるだけ口に近づけ、そして他の音が入らないようにするためには、この水平に保つ方法が一番なのです。また言い方を変えるならば自分自身の声だけを入れることになるということでもあります。これこそ裏ワザの一つです。

実際この方法を試してみるとマイクに入る声の量が増えるので声量がアップしたとなることと、他の雑音が入りにくくなるので音程が安定するというメリットが有ります。たいていの人は余程のオンチでなければまず間違いなく点数が上がることになるでしょう。この方法は実際にプロの歌手がコンサートなどで使っていたりする方法でもあります。

プロの歌手が使うのもやはり自分の声をまっすぐに届けたいからということで、コンサートでは横向きにして歌うわけです。マイクスタンドも横向きになるようになっていますよね。マイクはもともとその方が声が入りやすいのです。司会者のようにマイクを縦に持つということ自体、使い方としては間違っているのです。カラオケでも点数が下がるのは当然かもしれません。