ビブラートとは?

採点の結果を見るとビブラートだとかいろいろな物がありますが、ビブラートとはなにかをご存知でしょうか。ビブラートというのは音を震わせるというもので、震わせて歌うことによって表現力を高めるという手法なのです。主にプロの声楽家の人たちがつかったりしますが、最近ではポップスを歌う人たちの間でも使われたいたりします。

このビブラート、使えば使うほど点数がアップするのでできるだけ使える場所では使っていくほうがいいでしょう。ただし、ビブラートが使える場所というのはある程度の長さを伸ばす部分だけです。よくあるのがサビの最後などを伸ばすパターンで、そこではビブラートの加点をいくつも取ることができますのでオススメです。

またビブラートにはいろいろな波の形状があると言われています。声を震わせると言っても、その震え方というのは人によって全然違います。そしてビブラートとしてカウントされるものとされないものがあります。カウントされるものはどちらかと言うと震え方が大きい波になっているもので、小刻みすぎるものはカウントされないのです。

ビブラートは小刻みにするのではなく気持ち大きめに取るようにすると、機械が判断しやすくなるので加点されやすくなるというわけです。逆に細かいビブラートは加点の対象にならず、ビブラートと判別されなければ意味が無いでしょう。

ちなみにビブラートと似ているものとしては拳というものがあります。演歌で使われている手法ではありますが、これはビブラートとは違うと言われています。それは音程が変わるか変わらないかです。こぶしの場合はは音程の変化がありますが、ビブラートの場合は声が震えているだけで音程の変化はないのです。

ですのでもし演歌でこぶしを利かせたいのであれば音程に気をつけて使うようにしてみてください。逆にこぶしになってしまうがビブラートを出したいのであれば、音程を一定に保つお言うことを意識するといいでしょう。この違いはあまりカラオケユーザーにも知られていないので、理解して利用できれば、非常に有利に高得点を稼ぎだすことができるかもしれません。

1.ミュージック・あみ~ご
懐かしいあの歌のランキングが分かりやすいと思います。

2.そうだ、俺もサックスやろう
サックスの練習風景が見えるようで見ていると楽しくなりました。

3.バイオリン教室ねっと
気の合ったバイオリンの先生に会えそうでわくわくしました。

4.菜々のピアノレッスン
ピアノを習った事はないのですが、上達しそうな気がします。

5.ボイトレ、ボイストレーニングのれみぼいす
個人で楽しくボイストレーニングが出来る気がしておススメです。

6.DTMによる名曲のmp3試聴サイト – 趣味道楽DTM
気軽にクラシックが聴けて気分が落ち着く感じがしました。

7.音痴を直す7つのポイント
もしかしたら私の音痴が治るかも?そんな希望が湧きました。

8.音痴解消ナビ
これを見てしっかり実践したら上手く歌えるような気がしました。

9.カラオケ上達の道!高音をきれいに歌おう!
上手く歌う基本はこれだったのか!目からウロコの思いです。

10.バンド活動初心者支援サイト – Selfish Sound Labo
楽器の入門編が充実していて、楽しく覚えられそうです。

11.お助けジャズギター
ここでこっそり一人で練習すると、友達に自慢で出来そうです。