どのカラオケメーカーが高得点を出しやすい?

カラオケのメーカーはいくつか存在しますけれども、その中でも点数が出しやすいものと出しにくいものがあります。古い機械ほど出しやすく、逆に新しいものほど点数が出にくくなっているのです。ですから「カラオケの採点で100点を出したことがある!」という人は、たいてい古いカラオケの機会を使って採点をして、100点を出しているでしょう。

古いものほど点数が高くなりがちだというならば、古いカラオケの機械を使ったほうが方がいいのか?というと、そういうもので高得点を出したところであまり意味は無いでしょう。実際にカラオケ好きな人はもっと新しい機械をつかって点数を出したいと言うでしょう。

じゃあどれが点数が出やすくなっているかというと、あまり変わりはなくなってきています。前提としてほぼすべてのメーカーの採点についてはほぼ100点は出ないようになっています。100点を出すためには完璧な歌い方だけではダメなのです。仮にCDを流してそれをマイクで拾ったとしても、100点は出ないと言われています。

100点が出ないので90点台が高得点では当たり前になるかと思いますが、高得点で90点台を出しやすいものというのは精密な採点のないものということになります。ただ、最近はビブラートやこぶしなども採点するものがほとんどになっていますから、どれも変わらないと考えたほうがいいでしょう。メーカーによって一応は採点基準などは違うようですが、高得点が狙いやすいかどうかは別のようです。

高得点を狙うためにはメーカーよりも、そのメーカーにちゃんと自分の狙っている歌が入っているのかどうかや、カラオケボックスの他の音が漏れてこないかなどのほうが大きな要因になるでしょう。またテクニックであるとか自分の歌のうまさなどのほうが高得点に関係してくるので、メーカーによって変える必要はないと思います。

昔は100点も出すのは簡単でしたし、99点程度もよく出るような物がほとんどでした。しかし今の採点機械では90点を超える場合はよほど歌がうまい人でなければ難しくなっていまう。ですのでメーカーよりも自分の実力を上げるほうが重要なのです。