どうしてカラオケで高得点を出せる人と出せない人がいるの?

そもそも歌がうまい人、歌がうまくない人の2つに別れるのはわかるとしても、カラオケで高得点を出すことが出来る人とできない人の2つにどうして別れるの?という疑問があるかと思います。これは最もでほとんど同じくらいうまく歌える人なのに、片方の人は高得点でもう片方の人はあまり得点が伸びないということがあります。

カラオケで高得点を出すことが出来る人とできない人、そして同じくらい疑うまいのに点数が変わってしまうというのはそれだけ歌い方が違うのです。人間が聞く限りでは違いがわからなくても機械の判定基準としては大きな差がでてしまうためにこのような違いが出てしまうというわけです。

例えば歌が美味い人達の特徴に声量が大きいというものがあります。声量は大きいほうが当然ながら点数も高く出るようにはなっているのですが、だからといって声量がいつでもどこでも大きくていいかというとそれは間違いです。必要なときにだけ声量を使う事ができるということ、これで大きく点数が変わってきます。

具体的には音程をとれているとしても必ずサビで大きくなって、それ以外では声量を押さえるようにしないといけないのです。たいてい歌のうまい人は声量が大きいので、機械が判断できるほどの差を作ることができない場合があるのです。その時はどうしても点数が低く出てしまうでしょう。

またマイクにどれだけ声が入っているかというのも大きな違いになってきます。歌がうまくて声量がある人ほど、マイクを離して歌ってしまうくせがあったりするのですが、こういう場合にはどうしても点数が伸びません。できるだけ声全体がマイクに入るようにするということが必要なのです。歌がうまくてもマイクからしか機械は判定ができないですから。

このような小さなテクニックや小さな違いを積み重ねていくと、同じように歌がうまい人でも高得点が出る人と出ない人に分かれてしまうというわけです。高得点が出したいのであれば今までのスタイルを見なおして歌う必要があるでしょう。ちょっと窮屈に思えるかもしれませんが、今までのスタイルを崩して新しくしたほうが絶対に点数は伸びるはずです。