定期的な運動をして心肺機能と声量をアップさせよう!

たまに体の大きな人がすごい大きな声を出して、きれいな声で歌っているというのをテレビで見たりしないでしょうか。プロのヨーロッパで歌っている歌手の人はたいてい体が大きい人がほとんどです。これは歌うときに体の大きさや丈夫さ、体幹というのが非常に重要で大きく左右されるということを表しているわけです。

逆に細い人で声を出せるというような人は少ないでしょう。もちろん日本のポップスでは細い可愛い女の子が多いですが、声量という点では圧倒的に大柄な人には負けてしまいます。女性でも身長が高くがっしりした人はやっぱり日本人でもしっかりとした声を出せているのです。

このことはカラオケでも同じことが言えて、しっかりと声を出すための体というのを作らないといけないのです。運動をしっかりしている人ほど、声もしっかりと出せる人が多く、逆に運動不足の人はあまり体を上手に使えていないので、喉をつかってしまって喉を潰しやすくなってしまうのです。もちろん喉を使いすぎてしまうと、高得点を出すことはできません。

では高得点を出すために必要な物は?というとまず体をしっかりと支えるための体幹、こちらをしっかりとすることが重要です。バランス感覚であったり、下半身をしっかりとさせることが重要です。ランニングであるとか水泳などをして全身運動を行うことで鍛えることができるでしょう。またバレエのようなものも体をうまく使えるようにできます。

もう一つが腹筋です。腹筋は本当に音を安定させるためには大事で、腹筋があるかないかで音が割れてしまったり、音が不安手になってしまったりするのです。ですので腹筋はしっかりと鍛えましょう。もちろん外側の筋肉だけではなく、内側のインナーマッスルと言われている部分も腹筋では重要です。両方のトレーニングをすれば声量を大きくアップさせることができるでしょう。

腹筋と下半身を中心としたインナーマッスル、この2つをしっかりと鍛えるようにしてみてください。最初の1週間位では全く効果が出ないと思うかもしれませんが、1ヶ月2ヶ月していけば大きい声が出せて、音程が安定していくことに気づくかと思います。